2024年5月 5日 (日)

描けない(´・ω・)

毎年原爆の漫画をアップしているのですが、今年はなんだか難しそうです。
ネームがうまくいきません(´・ω・)
流れが掴めないというか、描いては「違う」と直し、描いては直し。
点と点はあるのに、繋げる線がしっくりこないのです。

夏からの不調で机に向かうことができなかった間、ならばせめて資料を調べようと動いていました。
その結果、「あれも入れなければ」「これも重要」というのがザクザク出てきてしまい
(これは大変だ、手にあまるぞ)と追い詰められたのもあるのかも。
現在そこは削って、やっぱりスッキリさせよう!と思い直したので大丈夫なのですが、
結局スタートに戻ったというか(´・ω・) 何をやってたんだ一体

「救護所」のネーム8Pは進んでいるのですが、もう8Pの動線が掴めないで悩んでいるとこです。
なんでこんなに詰まるのかなぁ…流れだな流れ…テンポというか…

📖 「平和データベース」で祖母の名前で検索したとき、本2冊とラジオドキュメント1本しか出てきません。
Youtubeのこれとか、置いて欲しいなぁと願うのですが、以前寄贈されてたDVD、資料館の本棚からなくなっている…?
エイトクラブのとか、みた気がするのだけれど。
他にも雑誌などあれど、祈念館に置いてなければ検索にも載りませんねぇ。無念。
テレビ局からもらったDVD、著作権とかの関係で勝手に持ち込めないだろうなぁ。
祖母が動いて喋っている姿をぜひ観てほしかった。

増野幸子さんが小学生に向け語り部をされるそうで、ぜひその映像とか残ればなぁと思いました。
被爆者は年々話せなくなっているので。

🍔 Web拍手&メッセージをありがとうございました!

2024年2月 7日 (水)

祖母が亡くなりました

原爆に遭った少女の話」のモデルである祖母が、一月に亡くなりました。
95歳でした。

祖母の漫画を描いたのが2012年、以来反響をいただきメディア等で取材をしていただきました。
2018年あたりから急激に痴呆が進行し、まともに会話することもままならなくなりましたが、
元気な姿を映像に残していただいたこと、大変ありがたく思います。
「間に合った」という安堵の気持ちです。

被爆者の高齢化で、本人の証言はもう叶わなくなってきています。
祖母の写真、肉声、動画。形として残していただけたこれらが、後世で平和の礎のひとつに活用されたらば、
本人も喜ぶのではないでしょうか。
平和が大事だと、いつも口にしていましたから。

祖母は一生を終えましたが、生きていた証や足跡、覚えていただけたら嬉しく思います。


増野(小西)幸子さんも痴呆が進み、取材は難しくなってきているという呟きを見かけました。
ううん…なかなか厳しい。


📖 スランプというのか、漫画が進まなくて本当に苦戦しております。
出張編集部でアドバイスもらったことを念頭に、うんうん唸りながらネームをするのですが、
一向にペンが進みません。

そもそも自分は筆が遅いので、5年かけて一気に更新するか、少しずつ更新して5年後完成させるかの違い。
のんびり待っていただけたら幸いです。

🎥 「ゴジラ-1.0」と「ゲゲゲの謎」を2回観ました。
最高に良かった…!映画の当たり年ですね!周囲に布教しまくっています。
「ゴールデンカムイ」も今度観に行く予定。

最近漫画を読んだりのインプットができない状態だったのがやっと解消されてきました。
(多分スランプの一種)
インプットができるようになったら、アウトプット(漫画描き)もできるようになるはず。

📝 HPは更新できない現状、原爆漫画はマンガフォリオに移行作業中です。

🚥 Web拍手、メッセージありがとうございました。
当方はプロ漫画家でも講師でもないので、講演とかそういう活動は無理です。すいません。

2023年10月22日 (日)

出張編集部に行ってきました

現在「広島一中」を描いているにあたって、続け方で悩んでいたところ
今回の広島コミケでは少年サンデーの出張編集部が来る!との情報を得て、
久しぶりにコミケに行ってきました!

多分時間はあまりとれないだろうから、聞きたいことを絞って相談。
「W主人公で参考になる漫画は」「何を見たいか」「どこをピークに持ってきたらいいと思うか」など質問。

👓< 主人公が能動的にうごく方がいい(流されるままではちょっと)
👓< 二人視点だと逆にふらふらしてしまう。誰を見たらいいのか。テクニックがいる。
👓< 山本さんと戸田先生のW主人公なら、二人のつながり(絡み)があったほうがいい。見たい。
👓< どういう人物か、何を考えているかを客観と主観両方で提示する

「何を見たいか」→生き様、人間味
「参考になる漫画は」→サイトウタカヲ「サバイバル」池上遼一「サンクチュアリ」

ついでに川本省三さんの漫画の冒頭をネームで見てもらい、駆け足すぎないか主人公が立っているかを質問。
案の定「ここを丁寧に見たい」と指摘されたところが自分もそう思っていたところで、
ズレがないのが分かってよかった。
しかしページ数の節約のためにあえて話を進ませようとしていた部分で、丁寧に見せる=つまりはページを増やすこと。
筆が遅いからどうしたものかなぁ(´・ω・)

🏠 iPad proを購入し、データお引っ越しがうまくいかないものの稼働し始めました!
キーボードもちゃんと打てるようになったのはよかったです😃

♨ Web拍手、メッセージなどありがとうございました!

2023年9月19日 (火)

スランプ中

夏から身体を壊して不調がつづいている折に、4話目からの見せ方がなかなか決まらず苦戦中です。
そんな時は資料集めをしたり、できることから始めるのですが、やはり肝心のマンガ…漫画が描けない…となっており、
この漫画だから描けないのか?他の漫画なら描けるのか?と試しに他の漫画のネームを着手してみました(戻ったというか、川本省三さんの話)

こちらは「少年漫画!」といったイメージで描こうとしていたので、かなり漫画力が必要だしその技術が自分にはないぞ?と見送っていたもの。
しばらく寝かせている間に、違った方向からネームが切れるかな?と思いついて組んでみています。
…ううん、でもなんか難しい。体調不良がメンタルにも影響しているのか、老化のせいで頭が働かないのか。

漫画を読んで「こんなのが描きたい!」と思うような新鮮な意欲が途切れてしまっているのです。困ったな。

このスランプの隙間にできることをやる。
「山本康夫全歌集」をいただけたので、細部まで読んで行間から心境を量る作業をいたします。
(ありがとうございました!資料的にも本当に助かります!)

☔ iPad proがいよいよ挙動おかしくなってきてます。
「セリフ打ってるそばから消えていく!」「キーボード感知しない!」「画面に白いモヤが!」といった症状で、キーボード替えたり(痛い)いろいろしたのですがダメで。
iPadの寿命は5年くらいだそうで、2017年モデルならもう次に変えるタイミングですね(´・ω・)
現在512GBモデル買っておきながら利用可能が404GB残っているので、次に買うモデルは256GBで十分ぽいことが救い。
とは言えなかなかお高い…アップルケア含めたら28万くらいしてPC並です、うう。

F6u1wwqbyaas2au
(USB-Cは故障が多いらしく、ケア加入必須らしく)

先月ダメになった大型冷蔵庫買い替えたばかりというのに。新しい冷蔵庫はいいぞ、野菜が萎びないし腐らない。

🍔 森下弘さんが関わった「明日に生きる」現物お借りできました!


「教科書には数行しか書かれていないのでは原爆のことが伝わらない」と広島の教師たちで作った教科書副読本。
内容が多岐にわたっており、これ再発行して学校においていいんじゃないかな?と思っています。
わかりやすく勉強になる。

⚾ Web拍手、メッセージ、平和展での感想ありがとうございました!

2023年8月 7日 (月)

「広島一中」2〜3.5話までアップ

今年の夏は「広島一中」の2話、3話、3.5話をアップします。
 ジャンプルーキー
 マンガフォリオ

描きながら資料も集めつつ、この言い回しは正しいのかなど検証しつつ漫画の表現を学びつつ。
やはり、実際に戦争を体験していないことと漫画力の弱さで、人物に感情移入できる演出になっていないと痛感します。
(アドバイス欲しいなぁとデイズネオにも投稿するもコメントもらえず残念、やはり出張編集部か…!)

次の夏は「臨時救護所」など何話かアップできるよう頑張ります。

🏪 今年の東京都杉並区の平和展に、当方の漫画を活用していただきました。

わかりやすいパネルとか映像とか関連図書コーナーとか作ってあり、充実した展示になっています。
(仕事がすごい)
お近くを通られた時には、ぜひお立ち寄りください。喜びます!

🏢 朝日新聞には「広島一中」から森下弘さんのエピソード部分のマンガを使っていただきました。
紙の朝日新聞8/1「絶たれた明日」のコーナーには、真澄君の写真もAIでカラー化され掲載されています。
8/5にも掲載されていました。

山本光珠さんのお宅に資料を見せていただいた時、アルバムや日記など拝見したのですが
その時見た白黒写真がAIでカラーとなると、昔の話でないのだと思わされます。
「ちょっと前の今」その子が居たのだと、対面した気持ち。

📖 書籍「あの日、ヒロシマで」、おかげさまで増刷しようという話がでました。
書店から『低学年にも読めるよう、全部にルビが振ってあったら』というご意見があったそうで、
『じゃあ総ルビを振っていこう!』ということとなり。
私…手作業で一生懸命ルビを一個一個がんばって打っていっています(一気にどうにかできないんだ〜)
行間広げたりフキダシ枠のサイズ変えたりフォント揃えたり、確かにこれは「画像」パート😵

読みやすくなってくれたらいいのですが。
Ahh_gs6hjpgmedium_20230807051301

🎂 ツイッターが「X」になり、いよいよ他のSNSか…と、前回Blueskyを導入した話をしましたが、
さらにタイッツーも増やしてみました。
生まれたばかりで成長期のSNS、なかなかゆるくていいですね。

💓 Web拍手、メッセージありがとうございました!
漫画のアドバイスももらえたらすごく嬉しいです。

2023年6月19日 (月)

G7も終わり最近のこと

G7も終わり六月になりました。
すごかったですねG7の交通規制と全国から集まった警察官の数、街中にゴミも人もない状態とか。
原爆資料館に招待できたことや被爆者と対面したことなど、G7というメインの中に盛り込めたのはすごい成果と思います。

漫画の進捗は、描いたり消したり繰り返しております。
今の作業は作画だけなので、単純なはずなのですが、
怪我の描写とかポーズとかに悩んで遅々として進みません(´・ω・)

漫画で必要なため浄土真宗の内容も調べています。
がっつりでなくふんわりでも、知ってる知ってないでは違うかな?と。



🎥 ハンズ上の映画館で「RRR」観てきました(7/28からは日本語吹き替えもでるらしいですね!)
実在の人物が主人公。
もし同じ時代二人が出会ったら」をエンタメに昇華して、すごい作品でした。
映画を入り口にして「この人のこと調べてみようかな?」と歴史を知る入り口になるにもいい作品だと思いました。
が、母国の一部の歴史家などには「捏造だ」みたいな反感もあったみたいですね。
しかしこれだけヒットして観る母数も増えたなら、過去に辿り着く人も少なくないはず。
イギリス植民地の時代とか、そこで戦った人たちのこととか。
自国の人たちだけでなく、海外にも広く知ってもらうきっかけになってるはず。

☔ 最近Twitterで思うような情報入手ができず(余計な情報や広告ばかり入る)変な出会い系DMも多いし、
政府批判や何かの煽動にのせられてる人の声が目につくようになって辛く、
Twitterに似た他のアプリ(Bluesky)を試してみています。
βテスト中で招待制で、日本人も少ない。DMもスパムもない。静かです。
もし興味のある方は二週間に一回、招待コード発生するのでご連絡ください。

📖 原爆関連のお知らせは7月すぎて出来たらと思います。
HPは更新できないのでお知らせはこのブログかツイッターで。
マンガフォリオに漫画も移動作業しています。

Web拍手、メッセージありがとうございました!

2023年3月16日 (木)

取材に行きました

🏠 山本さんのお宅にお邪魔させていただき、アルバムや日記、山本真澄くんのノートなど拝見してきました。

当時の家が予想外にモダンで洋風であったり、日記から慰霊祭には参加していないようだとか輪転機が稼働した日は家にいた?など様々な裏付けをすることができました。
また、作画をしているときになるべく本人に似せるべく逐一顔写真と比べながら描いているのですが、
真澄くんのノートを実際に目にすると
『写真の彼は、こんな字を書く子だったんだ』と、彼の性格や「生きていた」実感に触れたような気がします。
Img_9781
現在、夏にアップできるように作画を頑張っています。
筆が遅いので、全部で12章ある話を5年くらいかけて完成させたいと計算しています(できるかな)。

☕ どうやってもHP更新難しそうなので、マンガノの方ヘ少しずつ移動させています。
アイコンが祖母&軍医から増野さん&軍医に変わったのは単に解像度の関係とか。
(旧)ホームページ
111
(新)マンガフォリオ
23
しかしマンガノには手記(文字)を移せなくてどうしようかなぁ
(原爆ページにおいてる↓こんなの
Img_e0037_20230315062501
マンガノにはお知らせ欄がないのも惜しい。プロフ欄を転用しようかな。

🎬 スラムダンク映画みてきました。
途中に気が逸れることもなく破綻なく熱く迫力あって面白かった!映画館で見て良かったです。
コミックス新装版揃い直したくらいに面白かった。

📺 広島市Web国際平和拠点ひろしまでTwitterに漫画のプロモーションをしてもらっていたのですが、閲覧数やコメントがすごい。


ついてるコメントや引用も拝見し、参考にさせていただきます👀
一作目の「原爆に遭った少女の話」には『怪我の具合が軽すぎる』『もっと酷い惨いが伝わる絵でないと誤解を招くかも』などの意見も目立ち、画力不足を感じました。
当時は「見たこともないものをさも見たかのように描く罪悪感」とか「被爆場所によって違う怪我、想像できないものをどう描くか」悩んでいた記憶が。
基町高校の美術部みたいに、被爆者の方に絵の指摘をして欲しいです(´・ω・)

8月6日当日の被爆者の写真なんて2枚くらいしか存在しないので、実際どうだったかは伝聞でしか知ることが叶わないのです。
その意味でも「はだしのゲン」や「被爆人形」は貴重だと思います。

漫画で表現する場合、何を見て欲しいかの優先順位を付けることが大事かなとぼんやり考えたり。
悲惨な実際を知って欲しいとか、そんな体験をした人の目を通して追体験して欲しいとか、話せないまま亡くなった被爆者の声を伝えたいとか。
「広島一中」は、そんな学生たちがいた事(市内に動員されて被爆)や、子供を失うということなどを伝えたく。
我が身に置き換えてちゃんと考えて欲しい… けど漫画力がなくて、うまく印象的に描けなくて苦戦しています(´・ω・)

💕 Web拍手・メッセージありがとうございました!







2022年12月25日 (日)

「あの日、ヒロシマで」が選定図書に

「あの日、ヒロシマで」が、この度『全国学校図書館協議会図書選定』に認定してもらえました。
何かというと「学校図書向きの本として適していると認められ、各図書館で購入の際の参考にしてもらえる」ものです。

図書選定基準では

一般基準
学校における教育課程の展開に寄与し、児童生徒の学習活動や健全な教養・レクリエーションに役立つものであるか
部門別基準(漫画)だと
・絵の表現は優れているか
・ストーリー展開に無理がないか
・学問的な真理や歴史上の事実が故意に歪められたり、無視されたりしていないか
・実在の人物については、公平な視野に立ち、事実に基づき正確に扱われているか

など審査されており、この辺り認めてもらえて嬉しく思います。頑張って良かった…。
出版してくださったみらいパブリッシングの方々、ありがとうございます。
造本・印刷部門でも
・装ていや表紙のデザインは、美術的で好ましい印象を与えるか。
・印刷は鮮明で見やすいか。用紙は良質で丈夫であるか
・製本は堅ろうで開きがよく、学校図書館における使用に耐えるものであるか
など見られておりました。これもしっかりできていてこそ頂けたものでした。

各図書館・図書室の方にはぜひ一冊、書棚に入れて欲しいです。
漫画だと手に取りやすい(読みやすい)ですよー…

✒ 現在は2話目の作画&3話目のネーム構成進めています。
0509e650fb834987820fef2d2d28eb04
3話目は、こう…段々と右肩上がりにしていく構成というのが難しくて難航中です。
手記通りを心掛けつつもわかりやすく、途中で興味を無くさないような展開にするというのが。

漫画に女子が登場すると目が留まるので、読んで欲しいなら女子は強いとつくづく実感しています。
今回登場人物男子ばかりだから余計に工夫が必要。

どうしても描けない背景については、背景倉庫にオーダーメイド外注してみました。

> [1枚目] 爆風で倒壊した昭和の家屋
> 制作費 : 35,400円

Σ(・ω・)
そんな感じで、試しに三枚お願いしました。五万円ほどかかりました。
Kindleでの売上などで補填させて頂きます。
多分に赤字ですが、そのうち回収できたらいいなぁ。

🏠 元・一中生徒の方とやりとりを続けています。
原田康夫さんと手紙で連絡がつき、手記とか資料色々頂きました(ありがたい…)
原田さんの手記では、終戦直後にアルコールの樽を掘り出し、紅茶と混ぜでウィスキーにしたり、サリチル酸と混ぜて水虫の薬に、硫黄を混ぜて疥癬の薬に、尿素とフェナセチンを化合させ甘味剤ズルチンを作って戦後の何もない時代に見事に商売されていて。
当時の中学生がこれを!一中生は本当に頭がいいんだなぁ!と思ったエピソードを面白く読みました。

他、さらに取材をしようと電話した方がちょうど手術前だったりして
「今日話を聞けたけれど次も元気で伺えるか分からない」という時間制限を感じています。

🎂 Web拍手、メッセージありがとうございました!
2023年もよろしくお願いします。

2022年10月 2日 (日)

一中三年生・森下弘さんに会う

📩 TwitterのDMで、漫画を講評してくれるところがあると教えていただき、「広島一中」の話を投稿してみました。
いいアドバイスもらえるかしら、プロの視点でわかりにくい箇所があるかしらと。
二週間経たずに返信きて、おおむね『このまま頑張れ』的なことが書いてありました。

改善点
 一中教諭の戸田さん、新聞社勤務で一中父兄の山本さんの二つの視点から描いていくのは多角的で良かったです。
 ただ、もしこれを少年漫画として描くなら、読者に近い立場の少年も主人公側にいた方が、読者の共感を得やすいかと思いました。
 一中がどういう中学なのかの描写も、もう少しあった方が話に入りやすいかもしれません。

とあり。
ここは実際組み立てていて、先生と親では当事者不在の話になってしまうなぁと悩んでいた部分でした。
大人ばかりの視点では子供が感情移入できない、少女でもないから目を引きやすさが弱い、だけど生存者がほとんどいないのです。

現在、元・一中生徒の方数人と連絡をとっているところです。手紙の返信待ちだったり届いたり。
昨日は森下弘さんのところにお邪魔しました。当時の3年生です。


当時生徒間で戦争の話をしたか、は覚えていないそうですが、物理の先生が話してくれた内容は興味深いものでした。
またアンケートも拝見し、当時どう思っていたかの生徒たちの気持ちを知ることもできました(空欄も多かったですが)
聞いたエピソードをどう盛り込めるか、試行錯誤が続きます。

ひとまず手記をまるっと入手できたので、誰がいつどこで亡くなったかの集計をせねば。
校舎にいた3年生が今だにわからないのです、防空要員と一年監督委員は一緒だったのか、別の人たちか(´・ω・)
全滅だったり二人生き残りだったり記録によって違い、一体何人亡くなったのか…

👓 ホームページが相変わらず起動せず更新できません。困ったなぁ(´・ω・)
Macで使えるHP制作ソフトってBiNDくらいしか見つからなかったのですよね。
今の時代に即した画面を手打ちで制作は難しいので、どうしたものかしら。
一応マンガノは立てましたが…トップページの自由度が少ない。
pixivに手記(文字)も放り込んで、HPはこういうところでトップだけ置いておく形に変更しようかしら。

😃 Web拍手、メッセージありがとうございました。

2022年9月 6日 (火)

増野幸子さんの孫、活動開始

増野幸子さんお孫さんがTwitterを開設されました!
幼い頃祖母から聞いたエピソードを紹介してくださるそうです。
ご近所にお住まいだそうで、ときに幸子さん本人に確認とったりしながら。


手記にないいままで語られていないお話、とても楽しみです。
そして伝える仲間が増えるのは本当に嬉しい。嬉しいなぁ。

増野幸子さんへアクセスしたいときは、上記SNSのダイレクトメールで問い合わせすると早いかもしれません。
(ご家族だとしっかりスケジュール管理してくれるでしょう)

フロントドアの増野さんの動画も現在23万ビュー。上品で可愛い魅力がよく映されていました。


📖 現在、広島一中の元生徒の方にお話を伺っています。
なかなか、調べたり書いたりのご負担をおかけしているのが申し訳なく…でも時間と共に記憶がどんどん薄れてしまう危機感をもっており、無理をお願いしている次第です。
なにせ祖母がだんだん記憶があやふやになっていたかと思えばもう会話できず喋れずになっているのを身近で見ると、殊更に「今聞いておかねばやばい」と思うのです。

一中資料館のことも教えていただき、見学に行かせていただきました。国泰寺高校の奥の方にあるのです。
そこにはアルバムなどの資料はあったのですが、ちょうど戦前戦後の五年間あたりは空白でした。
当時の制服(陸軍式、S18~)がなく、 昭和20年の慰霊祭の様子もわかる資料がなく。うう、どこかにないかしら。
詳しい生徒の方は一昨年亡くなられたそうで、取材するには一刻の猶予もない感じですね(´・ω・)

🎨 あつ森をリセットして北半球でやりなおしています。時間泥棒だ…。

👓 Web拍手、メッセージありがとうございました!

« 広島一中の話(冒頭)アップとHPが更新できなくなった件