« 来年はほぼ日手帳を使う。 | トップページ | 許可をいただきました »

2021年12月12日 (日)

被爆体験の「権利」

「広島の原爆-記憶と問い-」という本を読みました。


あとがきに、
「被爆体験34篇から10行ずつ、著作権法遵守して引用しようとしたが『閲覧に限る』と通知され白紙にした」
とあり、今はここまで…とショックを受けているところです。
これからは新しい再録手記本は出なく、昔の本を取り寄せるしか読める方法はなくなるのか。
被爆者が亡くなった後、原爆の実相を伝えるに引用しようとしても、オリジナルは出せないのか。

実際、祈念館でも手記をコピーしようとしたら「半分まで」という条件が課されてしまいました。
せっかく声を出してくれた体験です。パブリックドメインなりクリエイティブ・コモンズ・ライセンスなり、管理して把握する手法で活用できるようにしてくれないかしらと思ったりしました。

ちなみに、祖母の体験は「表示-非営利-改変禁止」のコモンズライセンスを指定してあります。
「原作のクレジットを表示し、かつ非営利目的であり元の作品を改変しないことを条件に、自由に再配布できる」というもの。
「表示-改変禁止」(クレジットと改変しないことを条件に、営利利用できる)でもいいかなぁと思ったのですが、目の黒いうちは把握しておきたいかな、と。打診いただけたら別段引用を止めることはありません。平和教育の糧になるならどんどん使って欲しい。(そのうち「表示-改変禁止」に変更すると思います)

📖 「語り継ぐヒロシマ・ナガサキの心」下巻、「切明千枝子 ヒロシマを生き抜いてpart2」も入手できたので読んでいる最中。


被爆者団体はどんどん解散している現状、二世三世がこうして新たに編纂したり活動を繋いで行っているのは凄いことです。

✒ 漫画は二章までのネームが立ちました。三章からどういう見せ方にするべきか迷っています。
広島一中の状況がわかるように入れたくて資料を探して情報をインプットしいるのですが、そこから引き算で取捨選択していき…メインの芯が行方不明になりそうで頼りないなぁ…。
そもそも私の漫画は演出が弱いから、淡々としすぎてて十二分に感情が伝わってない気がする。
そこの改善を次作は目指したい。でもどうしたらいんだろう…

😃 web拍手、メッセージありがとうございました!

« 来年はほぼ日手帳を使う。 | トップページ | 許可をいただきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来年はほぼ日手帳を使う。 | トップページ | 許可をいただきました »